FC2ブログ

川沿いを歩く

 近くに、新河岸川という川があって
朝の散歩の時に、川沿いを歩いている。
普通の通り沿いを、歩くと、自転車が
やたら、多くていまいましいので、このところ
川沿いにきめている。
 この間は、鴨が数十匹、土手の芝生で
日向ぼっこ?していた。うみねこが、浮かんで
いたりもする。川鵜も見たことがある。
都内でも、申し訳程度だが、自然に接する
ことが出来る。
 水上バスの発着所が、あるのだが、一度も
往来を見たことがない。時刻表を見たら、
年に、何本もないので、なるほどと思った。
その代わり、新君丸という、船体が低く
平べったい船を、よく見かける。調べたら
鋼材運搬船となっていた。全長35メートル
の割と大きな船だ。
 昔、ポンポン大将というドラマがあったが、
平成の今でも、川を下る貨物船があるんですね。

 似顔は、誰にしようかな、北朝鮮の五輪参加
にかけて、ピョンジンイル。

nnpyonn.png

よかったらバナーを押してください
にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ
にほんブログ村

青春とはなんだ

 「青春とはなんだ」の、夏木陽介が亡くなった。

kenatu.png

 中3から高1にかけて、見ていたので、
青春真っ只中に、見たわけだ。
振り返ってみれば、随分と、古い人が
出ていた。校長が、十朱久雄、教頭は
山茶花究、同僚教師が、加東大介という
懐かしさだ。
 佐藤充、夏木陽介、加山雄三で東宝の
トリオと、言われた時期があったと聞くが
加山雄三だけになってしまった。
 
バナー
にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ
にほんブログ村

負けるはずがない

 格闘技が、意外と好きなんだけど
キックボクシング、総合格闘技の
那須川天心という選手が、いるのだが
これは強い。確か、プロになってから
負けたことが、無いと思う。
 想像だが、あのクラスの選手になると
自分が、戦いに勝つことを、信じ切って
いるのではないかと思う。試合を見ていて
そんな気がした。相手のパンチが、自分に
当たるはずがない、という顔で戦っている。
力量も、さることながら、絶対負けないという
気持ちを、持ち続けられるかどうか、が問題だ。

nnnasu.png

バナーをよろしく
にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ
にほんブログ村

校歌

 記憶が、少し曖昧なのだが、
母校の校歌の、作曲者が、米山正夫さんだったと思う。
それと知った時、へえーと思ったものだ。
 米山正夫さんといえば、「山小舎の灯」
「りんご追分」「三百六十五歩のマーチ」
等、数々のヒット曲を持つ、昭和の大作曲家
で、ぼくが、高校生の時だって、第一線で
活躍されていた。
 我が母校は、1907年創立だから、1912年生まれ
の米山先生は、創立時に校歌を作れる筈がないので
校歌を、途中で変えたか、米山先生が作曲するまで
校歌が、無かったのだろうか。
 ぼくの推理では、戦後になって、新しい校歌を
米山先生に依頼した、とみるのが自然だと思う。
 最近でも、みなみこうせつ、さだまさし、小田和正
岡村孝子らが、校歌を作っているそうだが
そういう、はしりだったのだろうか。
 米山先生は、西郷輝彦さんの歌も、何曲か作って
おられて、作詞もされているのもある。

kosai.png

バナーを押してハワイに行こう
 にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ
にほんブログ村
ご自分で

スポーツ刈り

 先日、リュックを背負って、散歩していた時 
車道と歩道の境にある、植え込みが
きれいに、刈り込まれているのを、見ていたら
「スポーツ刈り」を連想した。
 ぼくが、中学生位の時、流行っていた髪型で、
橋幸夫、三田明、梶光夫、山田太郎、井沢八郎
ら、当時のアイドルは、皆、スポーツ刈りだった。
(井沢八郎は違うか)
 高校になると、流行らなくなって、七三が主流
になった。分け目や、前髪を恰好つけるために
ドライヤーを購入したりした。ドライヤーを買った
のも束の間、時代は長髪に移行していった。
 長髪時代は、けっこう長かったが、テクノカット
なんかも出てきて、長髪は特殊な人以外、姿を消した。
今の若い人は、テクノの流れをくむ、はっきり
分けたりしない、無雑作風が流行りのようだ。
 時代は、繰り返すとはいうものの、スポーツ刈りは
復活しないだろうね。

ramita.png

 三田明さん。ミリ単位で刈り揃えられたスポーツ刈り。
てっぺんで、パターの練習が出来るぞ。小人なら。

バナーをよろしく
にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ
にほんブログ村

普通の人

 昔、「普通のおばさんになりたい」と言った
人がいましたが、また、「普通の女の子になりたい」
人が出ましたね。
 普通の人間からみれば、普通なんてつまんないよ
と思うのだが。

 でも、深く考えると、世の中に、普通の人なんて
いないんだよね。

似顔は、三山ひろしさん。普通じゃなく歌がうまい。

simiya.png

バナーをよろしく
にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ
にほんブログ村

エリオットグールドのマーロウ

 レイモンドチャンドラーの、フィリップマーロウ
シリーズに、はまった時期があったが、マーロウの
イメージは、ロバートミッチャムだったが、これは
映画の影響だろう。ぼくより上の年代の人は、
ハンフリーボガートを、イメージするかも知れない。
チャンドラー自身は、ケーリーグラントが最も
イメージに合っていると言ったらしい。
 「長いお別れ」は、好きな作品だが、
「ロンググッドバイ」という題名で、公開された
映画では、エリオットグールドが、マーロウを
演じた。グールドは「マッシュ」のイメージが
強くて、ぼくにはマーロウに見えなかった。
ロバートアルトマン監督は、従来のマーロウ映画
とは、一線を画す、1973年当時のリアルタイムの
マーロウを描きたかったのだろうか。

エリオットグールド
doeri.png

バナーをよしなに
にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ
にほんブログ村

酒の上で・・・は通用しなくなった

 式守伊之助の処分が、決まったが
ちょっぴり、可哀そうな気もする。日馬富士
の事件が、なかったら、これほど、問題に
なっただろうか。すでに、退職願いを出していて
行司には戻れないという。
 おそらく、若いころから行司しか、やって
こなかったのだろうから、どうするんだろう
と思ってしまう。部屋の下働きにでも、なる
のだろうか。それも、本人にとっては、屈辱
だろうから無理か。こうなったら、サンデージャポン
にでも行くか・・・・。

 関係のない似顔は、小泉元総理。たしか、
原発推進派だと、思ったが、今は原発ゼロを
訴えている。

mijyunn.png

バナーをご自由に
にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ
にほんブログ村

タイムスリップの街

 今朝は、友人Sの影響で、NHK「小さな旅」を見た。
大阪の京橋を旅していた。
 50年も前だが、大阪に本社がある会社に、就職して
大和田という所にある尞から、通勤していた時、京橋
で乗り換えていた。通り過ぎるだけだったが、街並みは
記憶に残っている。で、今日、見たわけだが、ほとんど
たたずまいが、変っていない様に見えた。タイムスリップ
したような街だ。飲み屋街は、新宿の思い出横丁(しょんべん横丁)
に似ているかな。強いて言えば。
 「小さな旅」は、あまたある旅番組の中、旅人(有名人)が
主人公ではなく、出会った市井の人々や、そこにある風景
が、主人公なのが、新鮮であった。
 似顔は、光浦靖子さん。
komitu.png

バナーをよろしく
にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ
にほんブログ村

成人式の晴れ着

 成人式の日に、ハレノヒ事件が起きた
わけだが、確かにひどい事件だけど思う
のだが、成人式の晴れ着に、平均30万円
もかけるのか、とそっちの方で驚いた。
 裕福な家庭は、いいかもしれないが
そうでない家は、大変だなあと思う。
親心として、世間並のことは、してやりたい
のは人情だが、よく考えると馬鹿らしい。
 逆に普段着で行った方が、クールで
カッコいいと思うんですけどね。そうも
いかないんでしょうね。

 今日の似顔は、宮澤智さん。
tomomiya.png

バナーをよろしく
にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ
にほんブログ村
プロフィール

brick861

Author:brick861
garyお絵描きコラム
似顔イラスト好きで
映画、音楽、お笑い好き
179,4センチ。

体年齢67

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR