川沿いを歩く

 近くに、新河岸川という川があって
朝の散歩の時に、川沿いを歩いている。
普通の通り沿いを、歩くと、自転車が
やたら、多くていまいましいので、このところ
川沿いにきめている。
 この間は、鴨が数十匹、土手の芝生で
日向ぼっこ?していた。うみねこが、浮かんで
いたりもする。川鵜も見たことがある。
都内でも、申し訳程度だが、自然に接する
ことが出来る。
 水上バスの発着所が、あるのだが、一度も
往来を見たことがない。時刻表を見たら、
年に、何本もないので、なるほどと思った。
その代わり、新君丸という、船体が低く
平べったい船を、よく見かける。調べたら
鋼材運搬船となっていた。全長35メートル
の割と大きな船だ。
 昔、ポンポン大将というドラマがあったが、
平成の今でも、川を下る貨物船があるんですね。

 似顔は、誰にしようかな、北朝鮮の五輪参加
にかけて、ピョンジンイル。

nnpyonn.png

よかったらバナーを押してください
にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

川沿いを歩く

朝歩くんだ。
おはよう!
寒いので、昼間歩けと医者に注意された。
ところで、新河岸川は高島平の辺りから下流は隅田川になるね。
境目はどこなんだろう。
「ポンポン大将」しかし、よく覚えてるね。
落語家を辞めたおっさんが主人公だった。
昔、杉並の和泉町に住んでた。
若い頃に羽織がなくて、
俺の親父が貸したと得意になって言ってた。
何てったっけね?

Re: 川沿いを歩く

 自転車狂さん。コメントかたじけない。
新河岸川は隅田川になるのか。ポンポン大将は
桂小金治ですね。羽織もなかったのか。
「泣きの小金治」とか言われてて、偽善的だったなあ。

No title

そうだ、小金治だ!
親父は、兄ちゃんって呼んでたようだ。
若いやつにいう呼び方だね。
杉並の貧乏長屋みたいなあたりさ。
偽善的になってた頃は
もう事実上は落語家を辞めて
テレビキャスターみたいなことしてたな。
落語ヘタだったし。
いまでもその辺のじいさま方は
住んでた頃を知ってるようだ。

Re: No title

 兄ちゃんか、親父さん面白そうな人ですね。
そういえば、小金治の落語は、聞いたことがない。
東京オリンピックにちなんだ、クイズ番組やってた
のが、印象に残っている。
プロフィール

brick861

Author:brick861
garyお絵描きコラム
似顔イラスト好きで
映画、音楽、お笑い好き
179,4センチ。

体年齢64(現在)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR