マッチ

 マッチを、使う機会がめっきり、減ってきた。
燐寸と書くと、古い小説が思い浮かぶ。
 昔は、ガスに火をつけるのに、マッチを
使ったから、台所には、徳用マッチが
置かれていたものだ。
 今でも、墓参りの時、線香を買うと、マッチ
が付いてくる。毎日、仏壇のろうそくに火を
つける時、使い捨てライターを使用している
のだが、ガスが無くなっていて、点かない時
に、墓参りでもらった、マッチを使っている。
鼻にツンとくる匂いが懐かしい。
 昔、駅の売店で、マイルドセブンを買うと
マッチを付けてくれたような、気がするが
買っていたのかも知れない。そんなマッチは
たいてい、安藤広重の東海道五十三次の
マッチだった。安藤広重と書いたが、今は
歌川広重と表記されている。確かに、安藤広重
と習ったのだが。
 スナックや喫茶店などでも、自分の店の
マッチを作っていた。ぼくの通っていたスナック
では、炎が青く光るマッチを使っていた。
二つ折りの、紙マッチもあって、あれを、片手で
点ける技があって、習得した奴が、これ見よがし
に技を、披露していた。赤坂のとある店の、ドア
の前で、気取った身なりの奴が、その技を使って
タバコに火を、点けようとしたのだが、紙マッチ
全体に火がついてしまい、慌てふためく様を
目撃した時は、小気味良かったな。悪い事に
階段を上がったところに、ドアがあったので
多くの通りがかりの人の、見世物になって
しまっていた。
 硫黄マッチ、硫黄マッチ、硫黄マッチ擦ろう
という歌もあって、母親がPTA有志の合唱団
で唄っていた。
 マッチは、無くなっても困らないが、たぶん
無くならないだろう。レコードが無くならないように。

 今日の似顔は、尾木ママ。

mamaogi.png

バナーを押してくださいね
にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

brick861

Author:brick861
garyお絵描きコラム
似顔イラスト好きで
映画、音楽、お笑い好き
179,4センチ。

体年齢64(現在)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR