FC2ブログ

タモリ

 「笑っていいとも」が、懐かしい番組になって
もう4年になろうとしている。時の流れは、早い。
 タモリさんの、スゴイところは、下積みとか
師弟関係とか、一切無く、たまたま福岡の、山下洋輔トリオ
の宿泊するホテルの一室で、バカ騒ぎ中の山下ら
の宴会に、ふらっと飛び入りし、大うけしたのが
発端となって、ジャズミュージシャンやヒップな文化人
らが「伝説の九州の男・森田を呼ぶ会」を結成し
彼らのカンパにより上京。赤塚不二夫にマンションや
クルマ、を提供され、月20~30万の小遣いまでもらって
いたという。福岡のホテルでの出会いが、1972年。
上京したのが1975年、その年には、テレビ初出演。
1976年には、東京12チャンネルの「空飛ぶモンティ
パイソン」で芸能界デビュー、ぼくは、この番組で
タモリを、初めて見た。
 その後、徐々に人気になり、1982年には森田一義アワー
「笑っていいとも」が、始まるわけだ。ちょっと怪しい
密室芸人から、意外に常識人な、「国民のオモチャ」
タモリになっていく。
 どこかの総理が、私は自分自身を客観的に見ること
が出来るんです、なんて言っていたが、タモリさんこそ
自分を客観的に、見ることが出来るようだ。

moritam.png
 因みに、テレフォンショッキングの、第一回は桜田淳子、
最終回は、ビートたけし。

バナーを、押していいとも
にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

brick861

Author:brick861
garyお絵描きコラム
似顔イラスト好きで
映画、音楽、お笑い好き
179,4センチ。

体年齢66(現在)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR