fc2ブログ

コーヒールンバ

 クリスマスイブということで
クリスマスの心温まる話でもと
思ったが、急遽変更して「コーヒールンバ」

 「コーヒールンバ」は西田佐知子の
1961年のヒット曲。

 西田佐知子といえば、高校時代の
親友S君のお気に入りであった。

 高校生なのに西田佐知子ファンというのも
かなり渋い。かなり渋いがそういうことも
よくある話とも言える。

 「コーヒールンバ」はスペイン語の原曲
があり「コーヒーを挽きながら」というらしい。

 それに日本語詞を付けたのが西田佐知子
の「コーヒールンバ」で、昔アラブの偉いお坊さんが
というあれなのだが、どうも翻訳でなく創作らしい。

 坂本九の「悲しき60歳」という歌も、「ムスターファ」
というエジプトだかトルコの歌を、青島幸男の詞で
カバーしたもので、これも訳詞ではなく、創作なのだ。
昔はそういうことをしたのだ。

 「コーヒールンバ」にもどると、子供だったので
この曲を聞いた時、日本語じゃないみたいで
新鮮だった。

 西田佐知子は60年安保の映像にかぶせて
必ず使われる「アカシアの雨がやむとき」が
代表曲だが「コーヒールンバ」も忘れ難い。

 ちなみにS君の影響で、高校時代に聞いたのは
「涙のかわくまで」「くれないホテル」あたりで
その後、70年に「女の意地」がヒットした。

 n-d-s.png

↓バナークリックして陽気に歌って踊ろう。
にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。コーヒールンバは子供のころの歌。アラブのコーヒーと恋の歌と思っていました。でもスペイン語講座で知ったのですが元の歌は南米のどこかのコーヒー農園の労働者の片思いをうたっているそうですね。けだるい午後から夜になってコーヒーを挽く音と切ない思いをうたっているのだとスペイン語の先生が言ってました。元歌はモリエンドカフェというそうですがスペイン語は全く分かりません。

Re: No title

ひかりこころさん、コメントありがとうございます。
年のせいか昔はいい歌がたくさんあったよなと
つい、言ってしまいます。
いつもブログを拝見させてもらっています。
プロフィール

brick861

Author:brick861
garyお絵描きコラム
似顔イラスト好きで
映画、音楽、お笑い好き
178.9センチ。

体年齢57

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR