fc2ブログ

二本のリプリー映画

お早うございます。今日のJT29台。室温13℃。

パトリシアハイスミスの「The Talented Mr. Ripley」は
ぼくの知る限り、2回映画化されていて、1回は
アランドロン主演の「太陽がいっぱい」1960で
39年後の1999年に「リプリー」として再映画化されている。

ぼくは両方見ているのだが、かなり印象が違う。
「リプリー」のほうが、より原作に忠実なのではないかと
想像する。

「太陽がいっぱい」では、トムリプリー(アランドロン)に
殺される男(モーリスロネ)の名前がフィリップになって
いるが、「リプリー」ではディッキ―(ジュードロウ)となって
いる。ちなみにトムリプリーはマットデイモン。

「太陽がいっぱい」はアランドロンの出世作であり、
ジュードロウも「リプリー」で存在感をしめした。

ジュードロウのジュードはビートルズの「ヘイジュード」にちなんで
名付けられた名前だそうだ。

でジュードロウさん。

ジュードロウ

バナーをプチっとたのみます
にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

brick861

Author:brick861
garyお絵描きコラム
似顔イラスト好きで
映画、音楽、お笑い好き
178.9センチ。

体年齢57

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR