fc2ブログ

里の秋

グッモー。椿七十郎です。
散歩。JT30台。ノーマスク18名。気温6℃。
歩数7066歩。

tubaki.png

季節外れだが、ふと、

 しずかなしずかな 里の秋
 おせどに木の実の 落ちる夜は
 ああ かあさんと ただ二人

という童謡を思い出し、ただ二人で
何をしてたのだったかなあと、歌詞を調べたら、

 栗の実にてます いろりばた

そうか、栗の実を煮てたのか。ついでに
歌詞を追っていくと、3番の歌詞にハッとした。

 さよならさよなら 椰子の島
 お舟にゆられて かえられる
 ああ とうさんよ ご無事でと
 今夜もかあさんと 祈ります

そうか、そういう歌だったのか。
いい年をして、初めて気が付いた。

南方の戦地から引き揚げて来る父親の
無事を祈る歌だったのだ。

1945年、12月24日のラジオ番組
「外地引揚同胞激励の午后」の中で
川田正子の歌唱で発表された童謡なのだそうだ。

のどかな秋の歌だと思っていたが
さみしく、悲しい歌だったのだ。

バナーよしなに。拍手もね。
にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

brick861

Author:brick861
garyお絵描きコラム
似顔イラスト好きで
映画、音楽、お笑い好き
178.9センチ。

体年齢57

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR