fc2ブログ

風に吹かれて・・・・似顔は、キースリチャーズ

おはようございます。

高校時代、フォークソングのブームがあった。

ピーターポールアンドマリーの「風に吹かれて」や「パフ」

「花はどこへ行った」「虹と共に消えた恋」「ロック天国」等々

プロテストソングとしての意味合いもあり、当時の世相とも

共鳴して、ヒットした。ロックより社会的で、知的なイメージもあって

フォークに流れたファンが沢山いたと思う。

 「風に吹かれて」の作者であるボブディランは、独創的な歌唱と

歌詞でカリスマ的な存在となった。メロディーというよりも、歌詞を

重視した、歌にのせてしゃべるイメージだった。

ぼくも、一時的にだが夢中になったものだ。

このボブディランの影響で、日本でも多くのシンガーソングライター

フォークシンガーが登場してきた。

 反戦や反権力といった、言ってしまえば流行なのだが、

一時は、新宿西口地下広場でフォーク集会が行われ

社会問題にもなった。

 しかし、70年安保も終わり、社会的なプロテストソング

は下火になり、四畳半フォークのような個人的な、私小説的な

歌や、後にニューミュージックとよばれる、音楽性に重きをおいた

シンガーの時代に変わっていったのだ。歌で時代を、政治を動かす

のは幻想だったと、わかった訳だ。ただ、あんな時代もあったのだなあ

という想い出は、それだけは残った。

 ボブディランについては、フォークロックに転向し、ロックミュージシャン

と交流するようになる。嫌な言い方だが、プロテストソングでは食えないからね。

 本日の似顔はキースリチャーズさん

あのライブエイドでロンウッドと共に、ボブディランと

ステージにたったが、アコースティックギターの演奏

だったので、どでかい会場では、音がきこえなかったり

ギターの弦が切れたり、さんざんなステージだった。


kkrr.gif

お付き合いいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ
にほんブログ村





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

brick861

Author:brick861
garyお絵描きコラム
似顔イラスト好きで
映画、音楽、お笑い好き
178.9センチ。

体年齢57

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR